『「できた!」と喜び、笑顔になる』

 子供たちのプログラミング教室

 

「楽しく夢中になっていたら、実は学べていた」をモットーに、子供自身が出来た時の「喜び」を楽しいと感じ、一層好奇心や探求心を持てるよう手を差し伸べられる教室にしたいと思っております。


「プログラミング教育」って?

2020年から小中学校で必須化となる「プログラミング教育」

  

何を学ぶの?小学校からプログラマーの育成なの?と、保護者世代からすると疑問に思われている方も多いと思います。

  

プログラムの書き方を学ぶことが目的ではなく、状況を判断して、論理的に考え、自分の意図するものを表現するための「論理的思考力」「課題解決能力」「創造力」を学ぶことが狙いです。

 

<論理的思考力>

プログラミングは、「物事を整理すること」を体験できるツールです。物語やゲームを作成し、人物・背景・展開など一つずつ切り分けて整理し、構造を整えることで、『論理的思考力』を学ぶことが出来ます。

 

<課題解決能力>

移り変わる状況の中で柔軟に対応しながら、自ら問題を考え、判断し、答えを見出す力『課題解決能力』を学ぶことが出来ます。

 

<創造力>

幼少期のお絵描きや粘土遊びのように、プログラミングを駆使することで、自分のイメージした内容を具現化する力、新しいものを生み出す力『創造力』を学ぶことが出来ます。